ラップポン その2

本日より日本セイフティー株式会社様のご厚意のもと
「ラップポン」を展示をさせていただいています。

組み立ても容易です。



ラッピングされた大きさはこのようです。



しっかりと密封されています。

ぜひモデルルームでご覧ください!

ラップポン

日本セイフティー株式会社の三澤様より
自動ラップ式トイレ「ラップポン」を
紹介していただきました。

ラップポンは介護の中での排泄の悩み、
臭いや手間・衛生管理に注目した商品です。

ポータブルトイレで排泄後、手元スイッチを押すことで
自動ラップ処理が開始し、排泄物がフィルム内に
閉じ込められ密封されます。
そして約2分後にフィルムが切り離され完了するそうです。


 


ラップポンは熊本地震被災地に配備され
避難所での数々の排泄問題を解決したそうです。
足が悪い方への支援や感染対策にも大きな効果が
あったことと思います。

三澤様、ありがとうございました。





福祉用具シリーズvol.21「自立支援のための住環境整備〜福祉用具専門職のための建築基礎知識〜

公益財団法人テクノエイド協会から、福祉用具シリーズ最新刊が発行されました。
今回のテーマは住宅改修に役立つ知識、それも福祉職が苦手としている建築知識です。

CIMG0049.JPG

私(伊藤)も執筆に参加していますが、とにかくわかりやすいことを心掛けて執筆しました。専門用語も欄外に解説文章を設けたり、ほかの項で詳細を説明しているものは参照ページを記載しました。

CIMG0050.JPG

内容は、現場豊富な執筆者たちがその経験から、大切だ、ぜひ知ってほしい、失敗しそうなポイントだ、と感じることを大切にして、図やイラストも大変を新たに描き起こすなど、役立つ情報を網羅しました。

CIMG0052.JPG

CIMG0052.JPG

とちぎ福祉用具研究会の会員さんには、プラザモデルルームでお配りします。勉強会のときにもお渡ししますのでお楽しみに・・・。

栃木市障害者差別解消法講演会のご案内

モデルルームでは昨年4月1日に施行された障害者差別解消法に
ついて、掲示板などでその内容や関係するイベントなどを
ご紹介してきました。

10月には栃木県障害者差別解消推進条例も完全施行され
障がいごとの特性やお願いしたい合理的配慮についても
わかりやすく示されているところです。





来る 平成29年2月4日(土)、栃木市国府公民館において
障害者差別解消法講演会が開催されますのでご案内をいたします。



お問い合わせ先は栃木市保健福祉部障がい福祉課
TEL 0282-21-2205 まで。




ダブル技研株式会社様からのご紹介です。

衝撃緩衝性クッション床材
「バイオクッション」をご紹介いただきました。




耐久性に優れ、長期使用ができ、水はけもよく
滑りにくくなっているそうです!
浴室でも効果を発揮することでしょう。

モデルルームでも展示をさせていただきましたので
ぜひご覧いただき、素材を体感してみてください。






| 1/33PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

表示記事一覧

カテゴリー

過去の投稿

recent comment

メンバー

記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM