11月の勉強会

今月の勉強会、テーマは
「緊張させない・持ち上げない・掴まない介助方法とポジショニング」
株式会社タイカの尾身さんよりお話をうかがいました。



体位交換とポジショニング、それぞれの意味を再確認。
体位を変える際に「人はどうやって動いているか」を考えながら
掴まないで介助を行う方法。
持ち上げない移乗介助や、対象者を緊張させない手のひらの使い方…等々。



とても実践的で、する人される人に優しい介護手段を
たくさん教えていただきました。





尾身さんの言葉の中に何度も出てきた「安全と安楽」
安全で安楽であれば緊張する場面は自ずと少なくなっていくのだと思います。

最後に「ウエルピー」でポジショニングをしていただきました。
包まれるような安心感を実感!
この感覚をそのまま、支援している皆さんにお届けしたいと思いました。
そのためにも「いやな刺激は人を緊張させる」という基本を忘れない
繰り返しの練習を大切にしていきたいです。

二時間休む間もなく、皆が次々に体験。
今回もたくさんの職種の方が参加されています。
そしてご家族の介護をしている方も参加されました。
それぞれの支援の場面で大いに役に立つ多くの内容を
尾身さん、ありがとうございました。

とちぎ福祉プラザモデルルームご来場者70000人に!

カルフルとちぎ2018が開催された11月2日に
モデルルームのご来場者数が7万人になりました。
今まではカルフルとちぎでの人数のカウントはしていなかったのですが
今回はシールをご来場の皆様に貼っていただくという方法で
カウントをしました。

この日は毎年恒例になったメンタルコミットロボ「パロ」ちゃんも
プライムケアの市村さんと応援に来てくれました!



そしてカルフルとちぎ応援隊長のナイチュウも
シールを貼ってくれました!



さあ、いよいよ7万人目!

泉が丘ふれあいプラザの皆さんが、7万人目のご来場者でした。

この時のために、モデルルームお隣のボランティアセンターの大澤さんが
のざわ特別支援学校の音楽の先生からウインドチャイムをお借りして、
素敵な演出の準備をしてくださいました。
ウインドチャイムの美しく奏でられた音で、
皆さんに7万人目をお知らせすることができました。

そして、集まってくださった皆さんと記念撮影。


 
これからもモデルルームからたくさんの情報を発信し、
お役にたてるよう努めていきますので、よろしくお願いいたします。

浴室に絵を!

介護浴槽を提案する株式会社メトスの西村様から、
お風呂を楽しく気持ちよくする「絵」について
ご紹介していただきました。



これはモデルルームに飾っていただいたタペストリー。
(展示していません)雰囲気が変わりますね。
またHCRでは銭湯絵師という職業の方が実際に書くところを
見ることが出来たそうです。
私は残念ながら間に合わなかったのですが、
これがHCRで書かれたものです。





入浴が可能になる環境は様々。皆さん手すりがある事や滑りにくい工夫など、
安全を考え工夫をされていると思います。
そんな中に、癒しの絵を一枚。
入る人もお手伝いをする人も、みんなが心穏やかに入浴を楽しめますね。

介護の現場で環境を整える私たちは、安全であることが優先されることは
当たり前なのですが、暖かな絵のような心も伝えられるといいですね。

メトスさんのHPには「入りたくなる介護浴槽」がたくさん紹介されています。



10月の勉強会

今月の勉強会は「福祉用具を安全に利用する…ヒヤリハット事例から学ぶ」がテーマ。
テクノエイド協会発行の「福祉用具を安全に利用するためのハンドブック」を
資料として、要因分析のグループワークを行いました。



ひとつの出来事からたくさんの要因を探っていきます。
分析の手法はいろいろあるようですが、今回は「なぜなぜ分析」で要因を出したものを
「MSHELL手法」を使って分類し、それぞれに対策を考えました。

起こった出来事を「なぜ起こってしまったのか」と考えます。
たくさんの「なぜ・なぜ」を繰り返し対策にたどりつきます。



グループで意見を出し合うので、個人の考えだけではなく
それぞれが気が付いたことを知ることができます。
「そんなこともあるのか」と自分の気づき以外もたくさん出てきて…。
そしてまた出された要因を、次の「なぜ・なぜ」に繋げます。

福祉用具のヒヤリハットであっても、福祉用具だけが要因ではなく
そこには介助者・環境・本人・管理などと、様々な要因があります。
ヒヤリハット事例が起こったとき、要因を分けて考えることで
見逃しがなくなります。

最後にグループごとに対策をまとめたものを発表しました。





事故予防のためには、ルールを決め守ること、人(個人)の努力に頼らない
対策を考えることが大切だということがわかりました。

1件の重大事故の陰には300件のヒヤリハット事案が隠れているという
ハインリッヒの法則。
起こった出来事を話し合い、今日のような分析を行って
ヒヤリハットの数を減らす努力を忘れず、日々取り組んでいきたいと思います。







「ジャンボレスト」紹介していただきました。

自動ページめくり機やJINRIKIを
紹介していただいた、ダブル技研株式会社様から
今回は「ジャンボレスト」を紹介していただきました。





付属品を使ってテーブルに取り付けます。
そしてテーブルの下はこんな様子です。



腕の位置は姿勢に影響して、姿勢は食事や作業に
更に大きく影響すると思います。


 
腕の置き場所に悩むこと、ありますね。
便利に生活を支える道具のひとつ「ジャンボレスト」でした。


| 1/43PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

表示記事一覧

カテゴリー

過去の投稿

recent comment

メンバー

記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM