夏休み特別企画 「子供たちの福祉用具体験」 参加者募集中です!

★日時  平成29年7月28日(金曜日)〜 30日(日曜日)
       午前の部 10:00 〜 11:30
       午後の部  1:00 〜 2:30  3:00 〜 4:30

★場所  とちぎ福祉プラザ1F モデルルーム (宇都宮市若草1-10-6)

★体験する福祉用具 車いす・介護用ベッド・移動用リフト・自助具等

毎回2グループ(1グループ2〜4名)の予約制とします。
体験は小学校3年生〜6年生までの方と、ご兄弟又はお友達のグループで行います。
(1人でのお申し込みの場合は他の方と同じグル―プで体験していただく場合があります。)
保護者の方の参加も大歓迎です。

定員になり次第受付終了になります。

★お問い合わせ先 とちぎ福祉プラザ内モデルルーム
   NPO法人 とちぎノーマライゼーション研究会
   TEL / FAX  028-627-2940   
   (開場時間 月〜金 9:00〜17:00)
   土・日・祭日と6/22・23はお休みです。

❤6月16日、読売新聞朝刊に記事が掲載されました。

6月の勉強会

今月のテーマは「嚥下」

とちぎリハビリテーションセンター
言語聴覚士の亀田真弓様にお話を伺いました。

まずは亀田様から参加したメンバーへ「今日の聞きたいこと」を確認。
それぞれが、自分のこと・家族のこと・日頃接している利用者さんのこと…
気になっていることや知りたいことを伝え、本題へ。

安全な食事は、姿勢がリラックスして安定していること!とスタート。
姿勢は車いすやベッドを提供する者として特に気になることです。
支持面を広くして首の角度に注意する。
そして食事中の姿勢の崩れに配慮する。
むせるから飲み込みやすくと体勢を変えることも大切ではあるのですが
ムセ=倒すのではなく、もう一つ注意すべきは食事形態。

食事の形が個人の食べる「機能」に合っていることが大切と
食事開始から飲み込むまでの仕組みと合わせ、説明していただきました。





特に口腔期(食べ物をのどの奥へ送り込む)での
「口の中の圧力が飲み込むことに大きく影響する」ということは
普段あまり意識していないことのひとつでした。

咀嚼や嚥下に困っていない私たちは
なんとなく食事を口に運び、なんとなく噛んで、飲み込む。
これが多くの複雑な体の仕組みと機能で成立していることを
あらためて学ぶことができた2時間でした。





誤嚥と食事介助、最後に自助具にもふれていただき
時間があっという間に過ぎました。
まだまだ聞きたいことがありすぎて
終了後は駐車場が閉まる前に出なければと駆け足するくらい!


福祉用具に関わる私たちメンバーが
直接の介護に関わらなくても
こうして学んだことをどこかの場面で人に話す機会があって
それが誰かの役に立つ…
もしかしたら命を助けることに役に立つかもしれない。
そんなことを考えながら昨日のの記録を振り返りました。

亀田様、すぐに役立つたくさんのお話を
本当にありがとうございました。

新しい展示 撥水タイプの頭部保護帽など

キヨタ株式会社、町田様より
おでかけヘッドガード(頭部保護帽)の撥水タイプなどを
新しく展示、紹介をしていただきました。



(モデルはNPO専属モデルのヒロさんです!)


もちろん衝撃吸収材が前頭部、側頭部、後頭部に施され
転倒時の保護になります。

おしゃれな保護帽はお出かけしたくなる気持ちを
後押ししてくれますね。

そして、室内環境指標計





暑い時期は熱中指標、冬場はコンコン指標と
季節にあわせ、気温や湿度の表示と共に環境の変化の注意喚起を
ライトとブザーでお知らせするものです。

季節の変わり目や習慣などで、気温や湿度の変化を
感じにくくなることがありますから
注意しなければなりませんね。
 
そして…
展示はありませんが、紹介していただき気になったもの。





アームカバーです。
手元の水はねが気になって作業がしにくい悩みの
解決になるのでは!
訪問介護の支援の際にも、そんなことがあるのではないかと思い
掲載しました。

町田様、ありがとうございました!



5月の勉強会

今月は日本セイフティー株式会社の餅月様より
自動ラップ式トイレ「ラップポン」と
熊本地震での災害支援についてお話を伺いました。
 
益城町や南阿蘇村の避難所の映像を見せていただき
災害時に起こる問題の一つである排泄は
命に係わる大切なことであり
不衛生な環境が起こす感染症の発生についてや
トイレで排泄をする大変さを再認識しました。

ラップポンはその名の通り、排せつ物をラップで包んで
処理できることで、感染症の発生を防ぐという大きな役割を
果たすことができます。
また、避難所で屋外の仮設トイレを使わざるをえない
歩行や段差の昇降、立ち座りの容易でない方たちに
屋内に設置したラップポンが身体的にも精神的にも
大きな助けになったようです。


IMG_4727.JPG


IMG_4728.JPG


IMG_4725.JPG


映像の中でも、ストレスは身体の不調を引き起こすという
お話がありましたが、排泄は時と場合によっては
大きなストレスを発生させます。
これは被災地ばかりでなく、在宅介護の中でも
そのように感じる方が少なくはないのでしょうか。

餅月様、今回は貴重な映像とたくさんの経験談を
ありがとうございました。
次の機会には、新商品の音声ガイド付き
「ラップポン・ブリオ」も見せてください。


IMG_4713.JPG



必要とする福祉用具を必要な方へ、正しい情報と共に
導入の支援をすることが私たちの役割です。
今後も、まずは「知る」ことを大切にと考え
勉強会を続けていきたいと思います。




ユニバーサル・ゲーム おけだま

小山市オプトニカ工房様より
ユニバーサル・ゲーム おけだまを
ご紹介していただきました。



おけだまは万人向け遊具です。
簡単で飽きのこない…それでいて
競技意欲をかきたてる!?
楽しいゲームです。

お手玉を投げて棚に乗せるゲームを
距離や時間の設定など
遊ぶ人たちがルールを決めて行います。
その人たちに合った環境の中で
進めていくことができるので
誰もが楽しめるということです。

棚にはポイント数が書いてあります。
ポイントを計算するので
頭の体操にもなりますね。
それから、このおけだまは
ブナの木でできています。





しばらくモデルルームに展示していただいていますので
一度お手玉を投げて遊んでみてください。
先日は小学生が「ハマっちゃった」と
何度も挑戦していきました。
私も子供たちと一緒にやってみましたが
集中力も必要なゲームです!
結果はもちろん…子供たちの勝利でした(*^_^*)

オプトニカ工房さんは
特殊教材、発達障害児向けの商品開発及び
製造販売等を手掛けています。
これからも楽しい「ユニバーサルゲーム」と
「元気」を届けてください。





岩倉様、ありがとうございました。




| 1/35PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

表示記事一覧

カテゴリー

過去の投稿

recent comment

  • 【報告】高齢者のための車いすフィッティングセミナー(その5・最終回の後編)
    Gregoryboari (06/19)
  • 【報告】高齢者のための車いすフィッティングセミナー(その5・最終回の後編)
    VikreaMah (06/15)
  • 【報告】高齢者のための車いすフィッティングセミナー(その5・最終回の後編)
    Verkicgrarp (06/14)
  • 【報告】高齢者のための車いすフィッティングセミナー(その5・最終回の後編)
    Donaldidots (06/12)
  • 【報告】高齢者のための車いすフィッティングセミナー(その5・最終回の後編)
    Farmirjat (06/07)
  • 【報告】高齢者のための車いすフィッティングセミナー(その5・最終回の後編)
    Kennethpab (05/31)
  • 【報告】高齢者のための車いすフィッティングセミナー(その5・最終回の後編)
    Igorcikiminc (05/30)
  • 【報告】高齢者のための車いすフィッティングセミナー(その5・最終回の後編)
    Viktrozanito (05/23)
  • 安全推進員セミナー
    PatrickWag (04/12)
  • 3月の勉強会
    あんざい (03/30)

メンバー

記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM