壁の弱いユニットバスに手すりを取り付ける少し大胆な方法

最近では、ユニットバスの壁にも施工できる浴室用手すりが多数開発されています。とちぎノーマライゼーション研究会でももいろいろと利用していますが、壁の素材がFRPの場合、どうも安心感に乏しいという感想を持っています。壁と手すりの固定性は十分なのでしょうが、手すりを引くと壁自体が動揺してしまうのです。思い切り引っ張ったら、壁が壊れてしまうのではないかと不安になります。

CIMG4535 (400x300).jpg

この事例では、浴室で手すりの必要な壁の向こう側がトイレであり、トイレの手すりも同時に必要だったため、少し大胆な方法で、この浴室壁FRP問題を解決しました。

これが、手すりを施工する前のトイレの壁です。

CIMG4310 (400x300).jpg

この壁を壊すと、浴室壁の裏側が見えてきます。

CIMG4504 (400x300).jpg

浴室側の手すり位置を確認しながら、その補強となる材料をトイレ側から間柱等に固定します。

CIMG4501 (400x300).jpg

こうすると、浴室側の手すりは間柱に固定されるので、動揺する心配はありません。

浴室の手すりが固定されたら、今度はトイレ手すりの施工です。もともと、トイレ手すりを動作から見た適切な場所に固定するためには補強板が必要ですので、その補強板を利用して浴室手すり施工のための開口部をふさぎます。

CIMG4533 (400x300).jpg

これで、トイレの手すりも適切な場所にしっかりと固定できました。

CIMG4531 (400x300).jpg

なかなか、このように方法をとれるケースも少ないとは思いますが、ユニットバスの手すり施工のヒントにしていただけるとありがたいです。

とちぎノーマライゼーション研究会では、私たちがかかわったこのような自立支援住宅改修の施工事例をホームページでも公開しています。こちらもぜひご覧ください。
自立支援住宅改修の施工事例
http://www.normalization.jp/oshirase2
.shtml

コメント
Poorly is over 15,000 essential stocks in AppleРІs App Creature alone. http://xcasgames.com/ slots real money
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

表示記事一覧

カテゴリー

過去の投稿

recent comment

メンバー

記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM