6月の勉強会

今月は当研究会の伊藤からお話を。
テーマは「フィッテイングのための車いす基礎知識」です。



座るための道具であるはずの「車いす」…
であれば、もっと目的に合った座り姿勢を考えたいと思うのは当然のことだと思います。

街中で見かける、不具合な座り方をしている姿。
なんだか辛そう…アームサポートにしがみついてる、何が怖いんだろう。
そんな思いを抱くことがありますね。
もちろん姿勢ばかりに気をとられ、介助している人や
その他取り巻く環境を無視してはいけないのはわかってはいるのですが…。

座る姿勢を考えた時、私たちも同じ姿勢は辛くなるので
お尻の位置を変えたり足を組んでみたりと、自由に動かし続けます。
それが瞬間的には「良くない姿勢」に見えることは当然で、
でも、身体を自由に動かせる人は、短い時間で楽な姿勢へと変化させることができています。

しかし姿勢を変えることが難しい方は、
長時間同じ姿勢=偏った姿勢が固定化されてしまいます。

何とかこの状態を、車いすの選定や調整で安定させることはできないのか
というのが、今日のお話でした。

身体が力むことなくリラックスできる。そして、必要以上に筋緊張が亢進しない。
ゆったりと呼吸ができる状態になる。動きたいときに本人なりに動ける。
食事時には咀嚼嚥下がしやすい。
これを目指して、標準型車いすの調整を考えました。



そして行き着いた先は「標準型車いすの限界」でした。
けれど、それでも離床することや気分転換はとても大切であることを忘れずに。
一方向からの視点ではなく、柔軟な目を養って。
座位を変換できるリクライニングやティルト機能のある車いす、
これにだって弱点は数々あるのです。

きっと「こうでなければならない」という考えは視野を狭くし、
完璧を求めすぎれば行き当たる…のでしょう。
問題点を見つめ直し、利用する方の言葉に耳を傾けて一緒に考え、
専門的な知識を応用することで、今までできなかったことを
少しでもできるようにしていくことを目指したいと思いました。







コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

表示記事一覧

カテゴリー

過去の投稿

recent comment

メンバー

記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM