浴室に絵を!

介護浴槽を提案する株式会社メトスの西村様から、
お風呂を楽しく気持ちよくする「絵」について
ご紹介していただきました。



これはモデルルームに飾っていただいたタペストリー。
(展示していません)雰囲気が変わりますね。
またHCRでは銭湯絵師という職業の方が実際に書くところを
見ることが出来たそうです。
私は残念ながら間に合わなかったのですが、
これがHCRで書かれたものです。





入浴が可能になる環境は様々。皆さん手すりがある事や滑りにくい工夫など、
安全を考え工夫をされていると思います。
そんな中に、癒しの絵を一枚。
入る人もお手伝いをする人も、みんなが心穏やかに入浴を楽しめますね。

介護の現場で環境を整える私たちは、安全であることが優先されることは
当たり前なのですが、暖かな絵のような心も伝えられるといいですね。

メトスさんのHPには「入りたくなる介護浴槽」がたくさん紹介されています。



10月の勉強会

今月の勉強会は「福祉用具を安全に利用する…ヒヤリハット事例から学ぶ」がテーマ。
テクノエイド協会発行の「福祉用具を安全に利用するためのハンドブック」を
資料として、要因分析のグループワークを行いました。



ひとつの出来事からたくさんの要因を探っていきます。
分析の手法はいろいろあるようですが、今回は「なぜなぜ分析」で要因を出したものを
「MSHELL手法」を使って分類し、それぞれに対策を考えました。

起こった出来事を「なぜ起こってしまったのか」と考えます。
たくさんの「なぜ・なぜ」を繰り返し対策にたどりつきます。



グループで意見を出し合うので、個人の考えだけではなく
それぞれが気が付いたことを知ることができます。
「そんなこともあるのか」と自分の気づき以外もたくさん出てきて…。
そしてまた出された要因を、次の「なぜ・なぜ」に繋げます。

福祉用具のヒヤリハットであっても、福祉用具だけが要因ではなく
そこには介助者・環境・本人・管理などと、様々な要因があります。
ヒヤリハット事例が起こったとき、要因を分けて考えることで
見逃しがなくなります。

最後にグループごとに対策をまとめたものを発表しました。





事故予防のためには、ルールを決め守ること、人(個人)の努力に頼らない
対策を考えることが大切だということがわかりました。

1件の重大事故の陰には300件のヒヤリハット事案が隠れているという
ハインリッヒの法則。
起こった出来事を話し合い、今日のような分析を行って
ヒヤリハットの数を減らす努力を忘れず、日々取り組んでいきたいと思います。







「ジャンボレスト」紹介していただきました。

自動ページめくり機やJINRIKIを
紹介していただいた、ダブル技研株式会社様から
今回は「ジャンボレスト」を紹介していただきました。





付属品を使ってテーブルに取り付けます。
そしてテーブルの下はこんな様子です。



腕の位置は姿勢に影響して、姿勢は食事や作業に
更に大きく影響すると思います。


 
腕の置き場所に悩むこと、ありますね。
便利に生活を支える道具のひとつ「ジャンボレスト」でした。


9月の勉強会

今月の勉強会、テーマは「とことんロホクッション」
アビリティーズケアネットとちぎ営業所の
石塚様よりお話をうかがいました。





先ずはロホシリーズの紹介
商品のタイプと選択の目安について。
続いて製造年月日と保証期間の関係。

そして…
クッションに空気をたくさん入れてみてくださいと!
これはパンクしているかを確認する方法の一つとして
用いる方法とのことでしたが…
膨らむ! フクラム! 







ロホクッションの丈夫さも実感しました。

さあ!次はお待ちかねの空気調整について。
自分で自分の調整をして、そのあとSRソフトビジョンを使って座圧測定。
更に空気調整をしてもう一度測定。そして互いの調整も。
感覚だけではない数字での評価ができました。


 
福祉用具の使用効果を上げるために、
私たち支援者は手間を惜しまないことが大切だと思います。
目の前の課題を解決するために、手技を習得することが
必要な福祉用具もたくさんあります。
なんとなく自分は不得意だからという理由で
必要な人に必要なものが届かないことはあってはいけないのでしょう。
今回ロホクッションについてをテーマに選んだことには、
そんな意図も含まれていて。
ロホクッションって調整が難しくて、自分は説明もできないから…
とても良いものなのはわかってるんだけどね…。
時々そんな声が聞こえていた福祉用具の一つ、ロホクッション。
練習や体験を繰り返し、自信を持って選定できる
今回は、そんな第一歩になったかと思います。



石塚様、たくさんの情報提供とご説明をありがとうございました。


夏休み特別企画「子供たちの福祉用具体験」開催しました

3年目の福祉用具体験会です。
今年は8/9.10二日間の開催で15名の皆さんが参加しました。
参加者の中には昨年に続いて参加した小学生も数名いて
ますます知識も深くなり、感性も豊かで、成長を感じました。










体験会はグループ内には初対面の人もいる中、自己紹介から始まり
その時その時の感じた事や困ったことを、自分の言葉で表現してもらいました。
90分間の体験時間でしたが、時間が経つに連れ、
心や行動の変化が手に取るように感じられました。
優しさだけとはちょっと違うような…責任感のような
言葉ではうまく表すことができませんが、子供たちの考える力や
受け入れる柔軟な心に驚くばかりでした。






参加してくれた子供たち、ご理解とご協力をいただいた保護者の皆様
ありがとうございました。

<< | 2/43PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

表示記事一覧

カテゴリー

過去の投稿

recent comment

メンバー

記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM