アタッチメント枠を利用して浴室ドアを折れ戸に交換 〜なかなかGood!です〜

PR!
福祉用具プランナー研修 参加者募集中
詳しくは、「とちぎノーマライゼーション研究会」のHPまで


昨年だったか?Ykk-ap社より発売された、浴室折れ戸のアタッチメント枠仕様を利用して、ドアから折れ戸の改修をしました。従来の方法より、簡単に安価に段差のできない施工が可能なので、「これは、なかなかGoodじゃね」と感じています。今回は、この事例をご紹介します。

従来の施工例・・・

このような1枚ドアでは、浴室内が狭く福祉用具や介護のスペースが取れない、必要な場所に手すりがつけられないなどの理由で、折れ戸に交換する必要があるわけです。
基本的にはドアと一緒に四方の枠も交換しで、敷居部分に段差ができないようにするのですが、枠の周囲のタイルを張り替える必要が出てきたり、予算的にも厳しかったりします。

そこで、下枠のみを解体撤去し、左右と上の枠はそのままにして、一回り小さく作った新しい枠を組み入れる方法をとったり、敷居の段差が高くなることを覚悟の上で、既存枠の中に新しい枠を組み入れるなどの方法で、費用を削減したりしていました。

施工前〜下枠のみを改定撤去して新しい枠を入れる方法〜


施工後〜下枠の解体撤去跡のみ、タイルで補修しています〜

この事例では、段差解消のために床のかさ上げも行っています。

新しく発売されたアタッチメント枠は、枠の構成材がとてもスリムにできているので、既存の枠の中に取り付けても、従来の方法より幅もあまり狭くならないし、敷居の段差も高くならない、安価で、施工も簡単、というメリットがあります。


施工前〜ユニットバスの1枚ドアです〜


施工後〜枠に変化がないように見えませんか?〜


実際には、既存枠の内側に、新しい枠を取り付けています。(この写真は、別の現場のものです。)


特に下枠は、既存の枠にある段差(水が脱衣室側に流れで無いようについている)の中に納まるので、基本段差は増えません。


水が脱衣室側に流れ出ないよう、ゴムの水切りがついています。これが見た目段差になりますが、柔らかいので、踏みつけて移動もできます。


「Ykk-apさん、いい製品を作りましたね!」と、個人的に表彰状をお送りしたいです。

ただ、既存の枠にもいろいろな形状がありますので、すべての現場で利用できるわけではありません。
また、発注の際のコツとしては、現場で採寸した長さよりも2ミリ程度小さめに発注するとよいかもしれません。納品されたアタッチメント枠が1ミリでも大きいと現場で削ったり、結構大変な作業です。枠が小さいときにはコーキングで仕上げますが、そんなときのためにバックアップ材も同梱されています。
(もっとも、私の現場ではバックアップ材は一度も利用せず、きれいに納まりました。)

柱よりも指がしっかり掛かる手すり?

久々の事例紹介です。

こちらの家のご主人は、この柱に指をかけて柱の向こう側に写っている椅子から立ち上がっていました。

万一、柱から指が外れたりら、そのまま尻餅、腰椎圧迫骨折! 
確かに、できてはいる動作ですが、安全ではありません。

一般的な手すりを仮に手で押さえながら握ってもらったり、引っ張ってもらったりしましたが、
微妙に位置が合いません。

そこで、こんな形の「手がかり、指がかり」を作ってみました。


指がかかりやすいように、指先側を少し細くしてあります。


しっかり指がかかって、力も入りやすいようで、立ち上がりの速度が速くなり、見るからに楽そうに
なりました。ご主人のご厚意で、写真を撮らせていただきました。


もちろん、この手すりは介護保険住宅改修の適用を受けて製作、取り付けしています。
介護保険行政の一部に、一般的でない変わったものを排除しようという考えがありますが、手すりについては
通知で、「形状は問わない」とされています。ただし、目的要件はあります。このケースでは転倒の防止、
移動の補助という目的に資する適切な形状となっていますので、問題なくOKでした。

下地のない石膏ボードに手すりを取り付けるアイディア

先日、住宅改修の施工で使ったアイディアです。

トイレの立ち座りのための縦手すりは、便器からの離れ具合により立ち上がりやすさが左右されるので、利用者のベストポイントに取り付けたいものです。しかしそう考えると、まず下地に間柱等のしっかりと固定できる部材にあたることはなく、縦の手すりに対して、横方向の上下2本の補強材を利用することが一般的だと思います。

石膏ボードに直接手すりを取り付けられるとPRする固定ねじもありますが、長期間の利用を考えると何となく心もとなく、私は利用したことはありません。

今回は、補強材を手すりと同じ縦方向に取り付けるアイディアです。

補強材は接着剤も併用して固定しますので、固定力を確保するために壁紙を剥がします。壁紙の中には撥水や防汚性能のあるものもあり、接着剤が効きにくい場合があるからです。

CIMG7065.JPG
補強材を固定位置に抑え、周囲に沿ってカッターでスジを入れていきます。

CIMG7068.JPG
壁紙の表面のみ剥がし、紙の部分を露出させます。

次に、石膏ボードの裏側に補強板を固定できる下地材を挿入します。補強板で隠れる位置に幅30×長120舒未侶蠅鬚△韻董△修海ら12亳のベニヤ板を挿入します。ベニヤ板の中央にビスを仮固定しておくと入れやすいです。
CIMG7072.JPGCIMG7074.JPG

挿入した下地のベニヤを石膏ボードに固定します。これを上下2か所、長さによっては真ん中も入れたほうがよいかもしれません。この下地と補強板で石膏ボードを挟むように補強板を固定します。もちろん、接着剤を併用します。

CIMG7075.JPGCIMG7077.JPG

こんな感じで、石膏ボードの裏側に固定する部材がまったく入っていない場所に、縦手すりの補強を縦方向に入れることができました。
CIMG7079.JPG

ただし、これは公式な方法ではありません。傷み具合によっては石膏ボード自体が壊れたり外れたりするかも知れませんので、状態の判断も必要です。この方法で十分な固定力があるかどうかは、あくまで私の経験値です。

体幹保持形状の机を作りました


座った姿勢を保持する機能の障害から、普通の机ではなかなか腕をうまく使うことができきないK君のリクエストで、体幹を保持する切込みをつけた机を制作しました。



このような机は既製品もありますが、サイズや切込みの大きさが目的や身体に合わないなどの問題もあり、検討の結果、ノーマライゼーション研究会で作ることに。身体の大きさから切込みの大きさを決め、型紙でその形状を確認、高さを車いすが入れるように決めたりと、完全なオーダーメイドです。サイズも今後使用していくパソコンや周辺機器を考えた大きさにしました。

机の製作では、あまり技術的に難しいことはありませんが、木材は素材として反りが出やすいので、下面に補強材をしっかり入れ、塗装も両面を一度にして塗料の乾燥時に一方に引っ張られないように工夫をしています。もちろん、補強の位置も、膝にあたらない位置を計算して入れてあります。



K君とのつながりは、車いすでの生活に合わせて部屋を改修したり、お風呂のリフトを導入したり、学校で使う移乗台を作ったりと、もう5年以上になります。これからは、IT技術者を目指して、この机で勉強していくそうで、私たちも嬉しいし、応援していきたいと思います。


<< | 2/2PAGES |

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

表示記事一覧

カテゴリー

過去の投稿

recent comment

メンバー

記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM